オンラインスクール 口コミ体験談

自分から前向きに勉強するようになりました

指導を受けるまでの経緯を教えてください

まきちゃんのお母さん お母さん:指導を受けるまでの経緯は、知人の紹介ですね。

知人が、うちの子の受験のことを気にして、
秋ごろですかね、電話とかメールとかで連絡をくれたんです。

「偏差値とかどんな?」、「入りそう?」とか。

「素行とか髪型・服装は何も違反もなくて、生活面も挨拶もとてもとても感じのいい子なんだけど、
点数がね、提出物がね」って。「面談があるから、危ない」って言われて。

大型連休・休みの後、いつも遅れてばっかりだったんです。提出物。
なので親戚も、知人も心配して。

で、その時は塾に行ってたんですけれども、
「こういうのがあるよー」っていうのを、デスクスタイルさん含めて3社ぐらい教えて頂いて。

3社のうち2社連絡をしたんですけど、最初のところが連絡が来なかった。
「1週間ほどお待ちくださいー」って言って2週間たっても連絡が来なくて。

で、デスクスタイルさんは、すぐ、2・3日かで連絡があったので、ここにしよう~って。

全部、塾も、珠算や習字など全部カットしてこちら1本にやってみようと思いました。

──やっぱり点数と提出物が心配だって言われていたんですけど、テスト前に勉強しているような様子は?

お母さん: 塾のときも、塾から帰ってきても学校の宿題もしないし、
塾の宿題ももちろんあるんですが、解いてる途中でウトウト・・・なって、
布団に入るのが2時、3時。そういう生活が続いていました。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

今までチャレンジしたけれども、うまくいかなかったことってあるでしょうか?

お母さん: 塾。通信教育。あとピアノもダメでしたね。

あとは・・・珠算も行ってたんですけど、
長期行ってたわりに、2級までで、1級がなかなか届かなかったですね。

──通信教育がでてきたんですが、教材並べてる事がおおかったりとかしました?

お母さん: あ、並べる前に封書が来ても開けなくなりました。
もう密封状態のがいっぱい並んでて、それを次女が5年生か6年生の春ぐらいに、
「お姉ちゃんのがキレイにあるし~」ってきれいにBOXに並べました。

──塾はどんな感じでした?

お母さん: ちょうど学校のように、クラス編成が成績順にされていて、
できる子、できない子、A、Bに分かれていて。

でも最初に塾の申し込みをした時はそこすらも入れず、
特別クラスで、下のクラスに入るまでの勉強。

それを経たのち、やっと1ヶ月後ぐらいに入れて頂いて。
夏期テストは24人中24番。ある1教科だけ24人中23番。
この子よりできてないのが1教科だけ1人いたと。

──塾のクラス編成があると、入るまでが結構大変ですね。

まきちゃんのお母さん お母さん: まぁ初めての所なのであんまり知らなかったんですけど、
私の周りの知人のお嬢さん方は、「塾行きだしたのよ~」
って言っても普通についていける子たちばっかりだったんで、

この子も普通に行けると思って入塾させたんですけど、
その前の力試しのところで、普通のクラスに入れないってことで。
1、2か月後にやっと入れてもらったんですが、結果は24人中24位でした。

──そうですね。塾の内容が難しいかなっていう感じはなかったんですかね。

お母さん: ほぼ学校の授業の内容と並行して。特別進んでるとか、
難しい私立とかを目指してるような子たちの塾じゃなくて、
普通の、一般のところです。ただ、個別のところよりも料金は安いけれど、結局学校と一緒ですよね。

わかってる子もわかってない子も、一緒に進んでいく。
「はーい。ここからここまででわからない人いるかー?」って感じだったら、

わからないって言える子はいいけど、どこがどうわかんないのかわからない子は、
「どこがわかんないです」って、手すら挙げられずに、
でも「全部わかりません」っていうのも恥ずかしいので、黙ってるうちに進んでいっちゃう。

で、4月5月6月の3ヶ月ポンポンついていってないから、
また1年間全部おちゃらけーって感じで、わからない。

基礎ができてないと中2もわからないし、中3はもっとわからないっていう。
でも受験は総まとめ、っていう感じなので・・・そういう進み具合ですかね。はい。

──質問ができないとそのまま進んでいってしまいますもんね。

お母さん: 他の個別の塾とかも佐世保にあって、まぁ一応町内にも川棚にもあって、
「どうしようかな。」「途中で変えようかな」って家族で悩みはしたんです。
でもやっぱり、勇気っていうのがいります。

やっぱり個別のところが親身になってきめ細かくできるかな~って思いながら、
でも料金見たらね~、1教科いくらでねーとかお金のこととか。

親の希望は、できる教科があって、できない教科が2つとかあるんだったら、
それだけってできるけど、全教科できないから。
「どうしよう・・・強いて言えば1、2年でできていたのは、国語と英語ぐらい?

あとの3教科はダメだから、全教科を教えて頂きたい。
個別に1個何千円っていったら3教科だったらもう何万かかかるし・・・。」

「お友達とのお別れっていうのもね・・・」、って思ったので。ずーっとずーっと。

この子は勉強がわからなくて悩んでるけど、親はお金の兼ね合いとか、
どこの塾にしようとか、もっと良い所があるんじゃないかって横を見ながら、
誰か1人徹底的につきっきりで、5教科すべて教えてくれる人がいてくれたらいいのに・・・って。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

デスクスタイルの指導を受けてみようと思った理由を3つ答えてください。

お母さん: 「5教科全部が1人の先生に教えてもらえるので、塾とも学校とも違う」っていうところが魅力でした。

もう1つは、家庭教師の先生が結構豊富で、いろいろ選べるっていうのを、
最初知人から聞いたので、時間の調整ができるかなと思って。

今まで塾通いで、学校終わってそのまま部活終わって塾通いで、すごくハードと言えばハードな。
田舎なのでね、学校、町まで行くまでの時間もかかって、本当に食事がきちんととれなくて。イライラしてたんですね、本人が。

で、イライラあたられると、家族もギスギスしてたのが、
やっぱりデスクスタイルさんはこちらで時間を相談し合って決められたので、
そういう時間の配分とか、食事などの規則正しい生活が取り戻せるかなって。
小学校以来、3年ぶりにね。なんか、思いました。

まきちゃんのお母さん もう1つはですね・・・ これ、最初に、じゃなくて、デスクスタイルさんとのお付き合いが始まってから思ったことなんですけれども、

一応最初の説明で聞いてはいたんですが、実感して思ったのが、本当に、オンラインの方にも、
先生の方にも、家庭教師の先生の方にも、今のところ3通りに連絡が取れて、空いてる時間内で、こちらが質問だとかできるようになったので、それは過去形になりますけど、すごく気づいたことだなって。

本人のやる気がこんなに前向きになれるとか、笑顔になるとか思わなかったので。
すごく良い点です。なんですか、2人3脚ならぬ、何人何脚になるんですか?3人4脚ぐらいですか?(笑)1対1の教師対生徒、じゃなくって、
オンラインと九州校とまきさんと先生と3人でみてくれてる、3人?3人で良いですね(笑)そんな感じですね。はい。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

オンラインスクールの指導を継続しようと思った理由は何でしょうか?

お母さん: 先日期末が終わったんですけれども、思ったほど良い点はとれませんでした。はっきり言って。
でも、本人とも話して。

学校の宿題や夏休みの宿題なんかでも提出しようとしなかった。塾のもやろうとしなかったのに。オンラインの1年生復習のテストが、初めてなんですよね。自分でちゃんと提出したの。

私が仕事でいなくても、「時間を今日測ってね、これをやってね、
FAXで、ママに教えてもらったようにちゃんと送ったよー」って。

「そしたら、返事が来たの」って。「で、やり直して送ったの。」って。
すごく、自分でやったことが嬉しかったみたいなんですよ。
ある意味、プラスな行動ですよね。

FAXなんか何でもない人からしたらね、「そんなことで」って思うんですけど、本当に今まで何も行動を起こさなかった子が初めて、
「FAX送り方を教えて」とか、「パソコンで英語のを聞いてみたい」って。

「こうきてるから、聞いてみたいけん、絶対教えて」とか言って。やっと、自分で。

パソコンはあんまりしてないですけれど、電話も、最初はぜんっぜんかけてなかったんです。
「オンラインかけたね?」って聞いたら「えっ、どうやって?かけて?」「それは自分が考えることやろー!」みたいな感じだったんですけれども、声をかけて、徐々に徐々にですね、

みゆ先生、オンラインの先生の方に馴染んで、
自分から、もうドキドキしながらかけよるんですけれども、
その行動を、自分から積極的に起こせるようになったので、で、続けてみようかなーって。

最初のスタート出遅れて、1週間かからなかったり2週間かからなかったり
週に一回かけるかかけないかだったんですけど、

「もう!!せっかくなんだから、お付き合いする以上、
相手もあんたがわかってたほうが嬉しいっちゃけ、会社もね、
もうとにかく電話、決まった時間にかけて、
自分から質問して、くらいついていきなさい!」って言って、やっと、やーっと最近かけるようになって。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

オンラインスクールの指導で良い点というのを教えてください

まきちゃんのお母さん お母さん: すごく褒めて下さいます。

表情って見えないんですけれども、電話口、声ですから、
相手の表情が見えるんですね。電話って意外に。

なのですごく、表情が明るく受け答えされてて、すごくプラス思考っていうか。
そういう感じを印象的に受けるので。すごくいい会社だなって。
社員教育が行き届いてるなって。

どの方、この人だけじゃなくて、他のどの先生にしてでも、
じゃあここは田中先生にしてでも、で、うちに来られた柳先生にしてでも、皆さん一緒なんですよ。

しゃべる口調やアクセントってのはそれぞれの個性ありますけど、
表情はすごく良いんですね。で、話される内容っていうのも、相手を否定しない。

で、家庭教師の先生が、会社に毎日通ってらっしゃるわけじゃないんですけれども、皆さんすごく発せられる言葉がプラス思考で、
相手を否定するんじゃなく、いきなり叱ってダメにしてしまう母親、ダメ母、ダメ父、ダメ家族にすると、
すーごく、なんか、やる気を起こさせるように。

同じ点数見ても「なんじゃこりゃ??」じゃなくて、
「次はもっと頑張れるよ」って言う感じで。

実際は実力よりも期末は下がったんですけれど、
「下がって何ね!?」「先生一生懸命教えてるのに何ね!?」
じゃなくて、本当に、「次は頑張れるよ。よし、次は頑張ろう!」みたいな感じで。

本当に会社の指導の仕方が一貫性があって、どの方とお話をしても、そういう感じに私には受け取れるので、
おそらく娘も、電話で私が不在の時に、勉強を聞いても、

「テストどうだったと?」って聞かれて「こうでした」って言っても、返ってくる言葉がたぶん、イメージ的には同じような指導をされてるのかなーって見受けられるんですね。

なので、すごく表情も良くなったし、まぁ目標点数とかに入ってないんですけど、
それは本当に助かってます。素晴らしい会社に出逢えて良かったなって。
それ以上にこの子を人間として、プラスの意味で成長させて下さってるんじゃないかなーっていうのは、
デスクスタイルさんとお付き合いてからのわずか数ヶ月間ですけど、10月11月の2ヶ月ですか、ですけどそれは本当に感じている部分です。

──うれしいです。喜んでいただいて。

お母さん: で、あともう1つ。対応も良いんですけれども、オンラインの勉強だけじゃなくて、授業とか、宿題とか、他の勉強も最初に根掘り葉掘り聞いたり、その問題でも行き詰って「わからないな」って電話したら、
答えを教えるんじゃなくて、どうやって解くか、解き方をきめ細かに教えて下さるので、
今度類似問題が、まったく問題違ってて、数字違ってても、類似問題が出たときに、

挑戦できる、対応できる考え方っていうか、そういうものをね、
教えて下さってるようなので、それはすごく良いなと思います。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

お子さんのどんな部分に、オンラインスクールは合ってますでしょうか?

お母さん: ゆっくりペースを合わせてくださってるという感じですかね。

──けっこうやっぱりまきちゃんはマイペースですかね?

お母さん: 朝から寝る時間まで風呂も食事もすべてマイペースで。
なので普通の、普通のね、そこらへんの塾の先生とか学校の先生は付き合えないと思います。

親でも思いますから。「付き合っとれんわ。日が暮れる。」って。
屁理屈で「もう日は暮れとるもん~」って。「そういう表現じゃないー!」って、そこの指導から(笑)
「日が暮れるというのはー!」そういうとこから家族の指導は厳しく入っていくので、(笑)

それによく怒りもせずに、叱りもせずに、キレもせずに、つきあってくださるなって本当。
マイペースなまきちゃんに、つきあってくださるところが、ありがたいです。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

特に、どういう部分のサポートがいいと思いますか?

お母さん: 宿題も教えてくれる、テキストも行きづまったところは所では教えて下さるんですが、
答えをポンと教えて下さるのではなく、解き方を教えて下さる。

英語とか国語とかも、考え方を教えて下さる。そういう部分がきめ細かくていいと思います。
あと、ほかにどういう部分のサポート・・・精神面もですね、プラスにしてくれる。
はい。褒めて褒めてくれる。いいと思います。

あと、時間帯的にもですね、そうですね、学校から帰ってきて空いてる時間帯、
起きてる時間帯、してくださるので、すごく助かっています。

──ありがとうございます。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

オンラインスクールの指導を受けて、お子さんにどんな変化が起きましたでしょうか?

お母さん: 笑顔が増えました。
それは、学校の先生も褒めてらっしゃいました。

あとは、勉強の点数は変わらないんですが、前向きに、勉強をするようになりました。 机に向かうようになりましたね。

あとはですね、提出物などをまともに出すようになりました。
前はコソーっと提出期限のその朝に、階段に置いてぼーっと去っていって、

「これは何ねー!?」から始まってました(笑い)提出物を出すようになりました。はい、良かったです。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

どういうことをオンラインスクールに期待いたしますか?

お母さん: そうですね、英語と理科と社会をですね、もっと効率よく勉強ができて、
勉強時間内に解けるようにスピードアップして解けるようにとか、

あと、暗記物だったら、ちょっと暗記苦手なんですけど、暗記のコツを指導して、

やっぱり希望の高校に受かれるぐらいの。

100点は望みませんけど、やっぱ6割8割ぐらいですね。

本人の実力がテストの時に緊張して力が出せないんじゃなくて、
出せる状態にまでもっていってくださったらな、って。思いますね。

机に向かう習慣はおかげさまで大分ついてきましたので。
あと、週に2、3回かで活入れの連絡とか(笑)して頂けたら助かります!

──ありがとうございます。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

オンラインスクールに、特に力を入れてほしいことはなんでしょうか?

お母さん: そうですね、英語のリスニングを。

英語が嫌いじゃないんですよね。
1、2年生の時のそういう授業、成績や姿勢からしても、英語は他の教科より興味はあるみたいで、嫌いじゃないみたいなんですよ。

やっぱり教材とかいただいてても真面目にやらないので、電話でもリスニングの勉強っていうか、
意味とかなんかを理解できるようになれたらな~って。

他にも何か考えて、「こういう指導方法ってどう思う?」

みたいな感じで会議でもして頂いて、ためしに実験台して頂けたら。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

オンラインスクールの印象っていうのを聞かせてください

お母さん: そうですね、印象・・・すごく明るくて、一生懸命、ひとりひとりの生徒さんに、
一生懸命力を入れてくださってるなと思います。

で、お金はもちろん払ってるんですけれども、お金以上に働いてくださってるな、
仕事してくださってるな、っていう感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

無料体験学習のお申し込みはコチラ

最後にですね、今後の目標っていうのを聞かせてください

お母さん: 志望校に合格することです!

無料体験学習のお申し込みはこちら
資料請求のお申し込みはこちら
お問い合わせはこちら 0120-998-951