小論文の書き方

2012年10月12日

yokohata

こんにちはnote

オンラインスクールのみゆです(。・ω・)ノ゙

風も冷たくなってきましたねsweat01

 

「受験」もどんどん迫ってきましたが、

皆さんは志望校の試験形式、もう調べていますか(o^皿^)

 

種類は大きく分けてthree

学力試験

面接

小論文(作文)

 

を実施するところが多いですが、

小論文って、なかなか書く機会が少ないですよね

 

そこで、先日、テレビでみた、「小論文の書き方」を紹介しますε=(ノ・∀・)ノ

大きなステップは、次のfiveヾ(*´∀`*)ノ゛

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 一般的に言われていること
2. 一般的に言われている批判
3. 一般的に言われる批判への解決策
4. 解決策に対する、自分なりの問題点
5. 問題点への解決策

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この書き方がしっくりくるε=(ノ・∀・)ノ!

という人も、「逆に書きづらい・・・(´Д`A;)」もいると思います。

 

ただ、ここで重要なのは、自分が書く文章の流れを予め決めておくということ

 

この書き方が書きづらいと感じる人は、

別の書き方でも構いませんヾ(*´∀`*)ノ゛

 

 

ただ、小論文を練習しようと思うなら、

自分が書く文章の流れを決め、

練習問題を解き、

学校の先生に一度添削してもらいましょうʕ→ᴥ← ʔ

 

 

この添削では、「良い・悪い」というよりは、

自分の考える文章の流れが、

文章として成り立つかどうかを確認するためのものと考えましょう

 

 

文章の書き方が決まったら

あとはその書き方に沿って文章を書いて練習していきましょう(o・ω・o)ノ

 

高校入試が、人生で初めての入試という人も多いはず

自分の想像よりも緊張するものです(●゚д゚●)

 

入試では、普段の半分も実力を発揮できないという人も多い

だからこそ、本番で悩むのではなく、

本番は練習した通りにできるよう、前もって準備していきましょう